沿革

2016年(平成28年) 9月 東京証券取引所市場第二部から東京証券取引所市場第一部指定
2016年(平成28年) 5月 さくらインターネット株式会社との合弁会社      株式会社S2iを設立、Home IoT事業を開始
2015年(平成27年) 12月 東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)から東京証券取引所市場第二部へ市場変更
2014年(平成26年) 9月 アビスパ福岡株式会社(サッカークラブの運営)の株式を取得し、資本参加
2013年(平成25年) 10月 子会社 株式会社アップトゥーミーと合併
1月 パワーテクノロジー株式会社と合併
2012年(平成24年) 5月 株式会社アップトゥーミーの株式を取得、子会社化
1月 賃貸不動産情報サイト運営を開始
2009年(平成21年) 6月 株式会社リビングファーストの株式譲渡に合わせ、不動産ポータルサイト構築・運営事業を譲渡
2006年(平成18年) 7月 不動産ポータルサイト「CatchUp」をオープン、ポータルサイト構築・運営事業に参入
2月 株式会社リビングファーストの株式を取得、子会社化
2005年(平成17年) 12月 防災システムおよび社会公共事業をカテナ株式会社(現 株式会社システナ)へ営業譲渡、システム開発事業へ集中する
11月 株式会社アパマンショップネットワーク(現 株式会社アパマンショップホールディングス)が当社の株をカテナ株式会社より取得し、親会社として資本参加
8月 株式の1単元の株式数を1,000株から100株へ変更
データセンターを活用した防災システムのASP事業サービスを開始
2004年(平成16年) 10月 ホームページ情報公開システムの開発を本格的にスタート
4月 iモードサイト「実況!!USA野球」を配信開始
2002年(平成14年) 4月 国際交流学習ネットワークシステム稼動
3月 災害時の避難所向け情報端末開発
教育機関向けASPシステム「学内情報配信システム」開発
2001年(平成13年) 11月 株式会社解析技術サービスと合併
市町村向け災害対応支援システム開発
9月 株式会社ジストと合併
3月 ナスビイ株式会社と合併
株式会社システムソフト・プロダクションの営業権を譲渡
2000年(平成12年) 10月 銀行向け顧客情報システム稼動
3月 iモードプロ野球速報システム稼動
1998年(平成10年) 11月 100%子会社株式会社システムソフト・プロダクション設立、ゲームソフト事業を移管
電通グループ推進の総合広告管理システム「AD Manager」の開発を担当
1997年(平成9年) 6月 文書管理システムの構築サービス新事業を開始
1996年(平成8年) 11月 日本証券業協会に株式を店頭公開
2月 電子辞典「岩波国語辞典第五版」「研究社新英和・和英中辞典」発売
1994年(平成6年) 3月 自社開発第一弾の日本語文章作成ツール「システムソフトエディタ」発売
1992年(平成4年) 5月 カテナ株式会社が当社の株を取得し、資本参加
1990年(平成2年) 12月 WIDEプロジェクトに参加、これによりWIDE Internetが九州に延伸
10月 東京営業所開設
1987年(昭和62年) 9月 Quark,Inc.(オランダ)との仕入取引を開始、以降、海外ソフトメーカーとのローカライズ・国内独占販売契約を締結
代表製品
  • 「QuarkXPress日本語版」(オランダ、Quark社)
  • 「Adobe Photoshop日本語版」(AdobeSystems社)
  • 「Macromedia Director日本語版」
4月 アップルコンピュータ株式会社と正規販売代理店契約を締結、PC販売開始
1983年(昭和58年) 12月 「PCテクノウ9800」発刊、5万部以上の売上
11月 ゲームソフト「ロードランナー」発売、以降「大戦略シリーズ」、「天下統一シリーズ」、「エアーコンバットシリーズ」等順次発売
1979年(昭和54年) 9月 コンピュータソフトウェア開発会社設立